セラピスト紹介

セラピスト / インストラクター ふじみ ゆき

20220506_154144_0000.png

看護師からセラピストへ Mahanaへの思い

看護師として働いてた頃、たくさんの患者様・ご家族と出会い別れを経験しました。業務に追われる忙しい日々、もちろんどれも欠かすことの出来ない大切な仕事です。

でも 何か違う…。

そんな時に出会ったのが「LomiLomi」でした。温かな手の感触、心地よいハワイアンミュージック、深い眠りに落ちていくような何とも言えない解放感…。

これだ!と感じました。

一人一人に直接寄り添い「手あて」がしたい。この時感じた「Mahana=安らぎの時間(休息)」を皆様にお伝えしたい。この思いがセラピストとしての始まりでした。

 

道のり

◆1998年◆

総合病院の内科病棟・手術室勤務。ガン治療など長期入院治療が必要な患者様の看護、手術室という特殊環境における看護など貴重な経験を積む。

たくさんの患者様と関わらせて頂く中で、終末期医療に携わりたいと考えるようになる。ターミナルケアのひとつとしてトリートメントの知識・技術を身につけたいと思い、ロミロミを学び始める。

 

◆2004年◆

ロミロミ・アロマセラピーなどの自然療法を学んでいくうちに、セラピストとして学ぶべきことの多さ、奥深さを知る。

ホームサロンMahanaをオープン。

 

◆2006年◆

クムロミ[Dane Kaohelani Silva]のもとでローカヒロミロミを学び始める。ハワイの生活に根付くロミロミを学ぶことで、伝統文化の素晴らしさに感銘を受ける。

また、癒しは特定の人だけに必要なものではなく誰もが求めているものだと再認識する。

 

◆2007年◆

独学で取り入れていたアロマセラピーについて、TAMIKO先生のもとで学ぶ。美しさを引き出すこともまた癒しに繋がると感じ、フェイシャルトリートメント技術を習得。同時期にレイキヒーリングに出会う。

 

◆2009年◆

本来の[健康][美しさ][癒し]とは何か…?を追い求めていくうちに更に多方面からのアプローチが必要だと感じるようになり、パーソナルトレーナーsanaecoachと「リラクゼーションとフィットネスの融合サロンMahaha∞Dyna」をオープン。

 

◆2012年◆

ローカヒロミロミ ティーチャーズトレーニング修了。インストラクタ―としての活動をスタートする。MSAA三重スポーツアスリートアカデミー(旧KIDSPE)のトレーニングオフィス開設と同時に現サロンへと移転オープン。

 

 

まだまだ学びの途中ではありますが、セラピストへの道へと導いて下さったクムDaneへの感謝を忘れず、私にとっての「ロミロミとは」「アロハとは」「セラピストとは」に真摯に向き合っていきたいと思っております。どうぞ宜しくお願い致します。

 

所有資格

[ローカヒロミロミ] 

クリニカル①②③・ロミノホ インストラクタ―

※スクールのご案内はコチラ→☆☆☆

 

[グレースラーンアカデミー] 

遺伝子栄養アドバイザー

※遺伝子検査・栄養指導についてはコチラ→☆☆☆

 

[アロマ] 

JAAアロマコーディネーター

atelier coquetteボディ・フェイシャルトリートメントコース修了

 

[レイキ] 光明レイキ サードディグリー

 

[国家資格] 正看護師